スキミングによる偽造カード


最近、増えているのがスキミングという偽造カードの被害です。これはダバコサイズのカード情報読取装置などでクレジットカードの磁気データを盗み取って、他のカードにコピーして偽造カードを作り、不正使用するという手口の犯罪です。

偽造カードは一見、本物と見分けがつきにくいほど精巧に作られているため、未然に被害を防止できない場合があります。スポーツクラブ、サウナ、エステなどで貴重品が手元から離れている間にスキミングされるケースが多発しています。

スキミングを未然に防ぐために、クレジットカードや財布等の貴重品は常に身に付けておく等の注意が必要になります。

戻る

クレジットカードNAVI